2020年 10月   
 10月1日(木)平日フライト バリオなし無音のフライト
土日休みの少ない人の為、リタイヤ組も平日フライトに付き合っている。
本日は晴れ予報だが北東風予報。
10時半集合し、空にはおいしそうな積雲がプカプカ浮いている。
しかし、東がらみの風がMLに吹き込んでいる。
兵萬号で田原さん・柳田さん・大川さん・美香ちゃんの6名で
荒谷山へ上がってみたがMLに届きそうにないので神の倉へ移動。
田原さんと兵萬さんは飛ばないで残り、他4人はとりあえず一本抑えてぶっ飛び。
2本目は遅れてきた小田さんが沖の低い所から弱いサーマルを捉え
海抜800mばかり上げたようだ。
柳田さんもすかさずテイクオフしすぐに上げて海抜600mか・・
2本目の自分のフライトは下記。
3本目は遅れてきた荒牧組も神の倉に上がる。
柳田さんテイクオフしすぐにトップアウト。
続いて三好さんもトップアウトし、30分は悠々と最後まで飛んでいた。

私の2本目フライト(バリオのスイッチ入れ忘れ無音フライト)
先発した人がトップアウト果たしていたので期待を込めて
北斜面から14時35分テイクオフ。
北斜面の左尾根でリッジを拾い10m高度を稼いだがバリオの上昇音が聞こえない。
スイッチを入れ忘れたようだがトップアウトするまではバリオ操作どころではない。
鉄塔下左尾根のリッジを狙いに行くも、小田さんも柳田さんも下がっていて
残念ながらリフトは何もなく40m高度を失う。
山肌に爪を立てるようなフライトで、鉄塔下を4往復目でやっとトップアウト。
山肌を飛んでいるので、少しづつ上がっているのは分かる。
(後でカシミールで確認すると0.5m/Sec上昇率)
トップアウトしたのでバリオのスイッチを入れようと思ったが、昔川地塾で
「一年に何回かバリオを無音で飛ぶのも良いですよ」と言われた。
無音で何度か試したことがあるが、確かにリフトへの感受性を
研ぎ澄ませないと外しまくりとなる。
後期高齢者年齢を過ぎてしまい、生活の感受性もボロボロになっている。
どこまで無音で上げられるか、このままにして飛んでみることにした。
帰宅してカシミールで確認してみると、0~0.5m/Secの上昇率で
100mばかり高度を稼いでいた。
明らかに尻センサーでリフトを感じ神の倉山頂前で廻して海抜800m。
500m上空に鼠色の雲底があるので吸い上げがないかなあと
近寄って行ったが下がる一方だった。
携帯電話が鳴ったので荒牧組3人が帰ってくるはずだ。
北向きアゲインストでは10Km台になっているので風も強くなっているだろう。
神の倉山頂付近で遊んでいる時、鉄塔上空を飛ぶと墜落して鉄塔の避雷針に
尻が刺さると痛いだろうなあとつい思ってしまう。
5分間ばかり遊んで海抜500mで谷渡りをして養泉寺上空を目指す。
養泉寺上空プラス250mで到着したが何もなくランディング。

バリオの音なしで海抜800m、30分のフライトだった。
計器はアゲインストとフォローのスピードだけ確認。
計器に頼らず自分の感受性だけを研ぎ澄まして飛ぶのも気持ちいい。
サーマルコアにどんぴしゃりという訳にはいかないがそれでも
上げて行くことが出来たらうれしい。
大空に抱かれて飛んでいるという境地に至りたいと思うのだが・・

  本日のYOUTUBE動画

  フライトログのページ