2019年 12月   
 12月5日(木)平日飛び 裏山友の会
来年2月の海外フライト(台湾)を控えて、P証新人達はもう少し
経験を積みたいようで平日休みを取っての練習依頼となった。
金谷さんは昼からの参加。
大川さんと三好さんが9時半に来て「昨夜の雨で水たまりがあります」との事で
金谷別荘に集まり台湾の経費の確認をした。
11時半頃神の倉TOに上がってみると松の木が揺れている。
吹き流しは上下左右に激しく振っている。
北西風6~8mは吹いている様だ。
やすらぎ館に降りて金谷さんと合流し昼食。
やすらぎ館の周りは左程強風は吹いていない。
現在神の倉も荒谷山も風速風向計が見れない状態。
取りあえず神の倉TOに上がって確認しないと収まらない様子。
14時頃神の倉TOに上がると、やはり吹き流しは上下左右に激しく振っている。
あきらめがつくまで吹き流しを眺めていると、段々に風が落ちて来た。
20分ばかり風は落ち着いたままなのでパラを拡げる。
今日の風は老い先短い不良おやじがダミーを勤めましょうとテイクオフ。
テイクオフした途端に強いリフトを喰らった。
後でGPSデータ見ると20秒で80m上昇していた。
キャノピーが暴れないようにするのが精一杯だった。
上昇率は落ち着いたが強風になっている様だ。
上空には黒い雲もあるので、雲間の南へ行こう。
暴れるので落ち着かそうとビッグイヤー掛けてみるもバックが加速か?
アクセルラインが当たってゴープロの角度が変わっているので直す。
稜線真上に来たら海抜785mで、南に向けているのだが西成分が強く
稜線から東に流されていく。
荒れてなさそうなので、MLに向けアクセル全開にするも稜線よりじわじわバックしている。
海抜721mなのだが前に出るのは無理だと判断し、TOの3人に「裏山友の会」入りを告げる。
ローターの乱気流を警戒し稜線から離れるも結構揺れる。
平地でなく森林の上を飛んでいたいものだ。
神の倉山の麓に来たのでローターの影響は少ないかな?
北東に向けては40Km/hなので南西向きに降りるとしよう。
神の倉登山口の近くがランディング場所の説明は不要なので出来るだけ近づく。
道路沿いに電線が走っているだけだが、田んぼの周りは鹿よけのフェンスが建っている。
最終ランディングが伸びそうだったのでひと振りしてランディング。
田んぼは荒起こししてあり柔らかかったので走れなかった。

4日の天気予報は北西の風2~3m、瀬戸内の波の高さ0,5m
天気図の等圧線は九州から東北までで4本北海道には強い低気圧。
それで神の倉MLの風は昼から6~8m吹いていた。
本日(5日)も気象条件変わらず同じような予報が出ているが
きっと昨日と同じように昼から強くなるだろうと3人にメールを送っていたのだが・・・
「3時のあなた」で風が収まったかと馬鹿な予断をしてテイクオフしてしまった。
後輩たちに危険予知をやかましく行っている自分が危険行動している!
せめてもの救いは3人を強風に巻き込まなくて良かったと恥じ入るのみです。
「枯れた飛びになった」と言っていたのにやっぱり不良品なおやじです。

追伸
三好会計さんにアウトランディングペナルティーの千円を支払い
ランディングの便所掃除をさせてもらいました。


   5日のMLの風
 

 ゴープロ動画(YOUTUBE)

 フライトデータページへ
  12月15日(日)岩村さん
グランボレでイントラをされていた岩村さんが親御さんの関係で東広島に帰り
神の倉メンバーとして理事会申請して参加することになった。
神の倉での活動はタンデムフライトやリパックなど考えているそうです。
昨日ベテラン達と挨拶や意見交換していたようだ。

今日は久々にプレジャークラブの練習生たちが午前中荒谷山に上がっていた。
三篠園の田んぼに行くと田原さんが誘導すべく一人居た。
白い機体の服部さんは誘導でなく若干の注意を貰いちゃんとランディング。
荒谷山初飛びの加藤さんは、田原さんのフル誘導で安全に降りてきた。
カラスがソアリングしていたので強いか?と思ったが後続のクラブ員も安全にランディング。
岩村さんも飛んで来て畔にぴったりランディング。
午後に風が収まる予報なので、岩村さんも一緒に「やすらぎ館」でお昼にする。
午後からは荒牧牧場にお手伝いに行っていた人も神の倉に上がる。
ダミーはやはり服部さんが勤めるもリフトには会わず。
神の倉二本目の加藤さん一発でテイクオフして行った。
その後皆さんテイクオフして行った。
岩村さんも細長い機体をなだめ乍らテイクオフして行った。
 岩村さん神の倉フライト動画
足刈さん右尾根沖で上手くリフトを拾って高く上げて行った。
日高さんはヘアピンカーブ辺りでトップアウトし一時間半ばかり飛んでいた。
ベテラン達も高くは上がれなかったが一時間は飛んだ模様。
自分は山肌に拘ってリフトを拾えず敢え無くランディング。
車の回収を兼ねて河野さん、金谷さん、三好さんを連れて上がる。
日高さん、中野さんが空中に残っていた。
中野さんは振って降ろして行き、日高さんはトップラン狙ったが下がりすぎ断念。
河野さん、金谷さんは時すでに遅しで二人ともぶっ飛んで行った。
三好さんと二人で車を降ろすも日高号と兵萬号が残ってしまった。
勇さん号が車の回収に上ったようだ。

  12月22日(日)サンタフライト
22日土曜日は児島さんの指導の下サンタフライトで使うお菓子の
パラシュートづくりで13時ハングハウスに集まった。
一日中曇り予報で飛べそうにないので神の倉集合人数少なし。
手伝ってくれたのは広大ハングの山口君・那須君・広大パラのシゲル君。
社会人は兵萬さん・勇さん・足刈さんの総勢8名で作成。
昨年残った分もあり32個作成は2時間弱で終わった。
神の倉エリアで飛んでもいない広大ハングの山口君・那須君には本当に感謝。

22日サンタフライト当日9時集合。
皆さん私がサンタ服を取らないので心配してくれる。
何時までもジジーがのさばって、上から蓋をしていると
育ってくる後輩たちの活躍の場が狭くなる。
昨年きっぱりとサンタ引退を決めた。
本日の風予報は北東の風なので荒谷山からテイクオフか・・・
地森さんが望遠鏡で荒谷山の吹き流しを観察している。
今一のようで神の倉の覗いてみるのだが吹き流しが見えないようだ。
ひとっ走り見てきましょうと言い、一人で行くのも寂しいので
声を掛けたらどやどやと女子が乗り込んできた。
金谷さんが「ハーレムじゃ」と言うので「男子禁制!」と車を出す。
神の倉テイクオフに上がると1mばかりの完全裏風!
美香ちゃんは今年初めてサンタさんを勤め、可愛い姪っ子の茜ちゃん(2歳)が
お母さん・おばあちゃん・おじいちゃんと来ることになっている。
美香サンタの雄姿を何とか家族に見せたいものと、この1か月練習をしてきた。
荒谷山からだと厳しいので何とか神の倉から飛びたいのだが・・・
どちらに上がるのが良いか下ではサンタさんたちが待っている。
少しでも太陽が出ていればブロー気味で東成分が打ち消されるかもしれないが
今のままでは風向きは変わらないだろうと現状報告。
美香ちゃんは何とか神の倉から飛びたいとの切なる希望も崩れる。
美香ちゃん、しょんぼりと下山。
下山して荒谷山テイクオフも裏風気味なので誰もテイクオフ出来ない。
毎年ダミーを勤める地森さんは美香ちゃんを連れてもう一度神の倉へ。
開始時間を過ぎてもサンタさんは飛んでくれないので
名MCの三好さんも間を持たせるのに大変。
「ゆっぴー」の着ぐるみに入っている広大ハングの山口君は一生懸命
子どもたちに一人で愛嬌を振りまいている。
11時過ぎて神の倉から地森さんダミーでテイクオフして来た。
何とか飛べそうなので荒谷山のサンタさんも神の倉に移動。
美香ちゃんサンタがテイクオフし、パラシュートでなく風船付きお菓子を
落下装置から落としたが2個のうち1個しか落ちなかった。残念!
神の倉からのサンタさんが飛んで来ないので地森さんがパラを
立ち上げて見せ時間稼ぎをする。
神の倉に新しく参加の岩村サンタさんは3個のお菓子をきっちり
グランド内に落とした。流石イントラサンタさんだ。
次から次へとサンタさんが飛んでくるわけないので、三好MCさん間を持たせるのが大変。
着ぐるみ「ゆっぴー」の山口君子供はお菓子に夢中なので一人で立ち尽くしている。
借り物のゆっぴーなのでブルーシートの上だけで歩いている。
子どもの前でゆっぴーを脱ぐと夢が壊れるので、休むことなく頑張り続けている。
藁科サンタさんグランド内に投下し、初参加の裏番長サンタさんもチャレンジ。
花野サンタさんの次はひーさんサンタで落下装置が上手く働かなかったが
袋をゆすって4個が同時に落ちて成功。
中村サンタさんも余裕でお菓子を投下。
勇さんサンタ3個連続でグランド中央に投下成功。
兼田サンタさんと荒谷山から出た児島サンタさんが同時侵入なるかと
心配したが全然大丈夫だった。
初参加の兼田サンタさん2個はグランド内に投下はお見事。
児島サンタさんの落下装置が開かず残念。
最後に荒谷山から飛んで来たのは中野サンタさんで
落下装置を使って見事4個グランド内に・・・
今年のサンタさんは5人ばかり増えたが皆さん上手で来年からは安心だ。
サンタさんが集合して袋から詰め合わせのお菓子を取り出して子供たちに配る。
370個用意したので十分に子供たちには行き渡った。
曇り空で寒かったにもかかわらず昨年よりも多かったように思う。
井原わくわくプロジェクトの皆さんがコーヒーとたこ焼きのお店を出してくださった。
サンタイベントも地元の皆さんと協力できる事になったのは本当に素晴らしい。
サンタさんと記念写真を撮って終了。
終了後ゆっぴーの着ぐるみを脱ぐのにブルーシートで取り囲み
広大ハングの山口君を救出。
2時間以上一人で立ち続けていた彼は汗びっしょりで息も絶え絶えだった。
本当にありがとうございました。頑張りましたね、本当にお疲れ様でした!
黄色のジャンパーのスタッフ達は走る子供たちの安全を見守り
駐車場では車の誘導の地味な仕事をこなしていたスタッフ。
そしてサンタのパラグライダーを素早く片付けるスタッフなど。
毎年サンタをさせてもらっていてなかなか見えない皆さんの
影の苦労を目の当たりに見させてもらいました。


 YOUTUBE動画